IPO・新規上場株情報BLOG

新規に株式を公開(上場)する企業の詳細など。

 ⇒株Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IPOとは?

IPOとは、Initial Public Offering の略で、株式会社が、株式を公開することで、新規に証券取引場に上場し、誰でも市場で株式の売買が出来るようになる事を指し、「株式公開」とか「新規上場」などとも呼ばれています。

株式を新規に上場するということは、企業にとってとてもメリットが多いので、数多くの企業が株式公開(IPO)を目指します。

企業にとって株式公開(IPO)することに、どのようなメリットがあるのかというと、まず、一番に挙げられるのが「資金調達の手段」だと思います。

株式を公開することにより、証券取引所の市場を通して、株式が売買されることになるので、資金が必要な時は株式の増資をするなどして、市場に売却して資金を調達できます。

次に大きなメリットと言えば、企業の信頼度・信用度が向上することであります。株式を公開するにあたって、証券取引所や監査法人等による厳しい審査に合格しなければなりません。その他にも決算情報なども定期的に開示しなくてはならないので、株式未公開の企業と比べると取引先や金融機関などに対する信頼度・信用度が増すことは間違いないです。

その他にも知名度の向上なんかも十分に考えられます。
スポンサーサイト

IPO取得までの流れ

ここでは、IPO銘柄の取得までの簡単な流れを説明したいと思います。

まず、企業が株式上場するためには証券取引所等による厳しい審査を受けます。

これに通過して、上場が認められたら、次に主幹事の証券会社により「仮条件の決定」を行います。これは公募増資される株式や既存株主により売り出される株式の価格帯を提示します。

次にブックビルディング(需要申告期間)といって、先ほど決めた仮条件にて提示された価格帯の範囲で、購入希望者が購入希望金額と希望株式数を申告します。

すると締め切り後に公募価格が決定します。(ほとんどの場合、仮条件での上限価格が公募価格になります)

公募価格が決定したら、需要申告を行った人の中から、株式の割り振りを決定するので、割り振りに当選した場合、株式購入の申し込みを行います。 (これをしないとキャンセルになります)

そして上場日から当選した人は売却することが出来ます。
ハズレた人や、一般投資家はこの日から売買できるようになります。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。